浮気調査港区

妻の不倫を止めさせるため港区で浮気調査

妻の不倫を止めさせるため港区で浮気調査。明確な証拠が脆弱であるまま、上さんの密会を問い詰めてしくじったケース伝達。ボイスレコーダーへ音入れした間男と家内のあえぎ声。

 

奥さんの行動が異常になり、音声録音機を車に付けたりしておきました。

 

数日後にチェックしてみる、密夫と情交をしているようね声が聴こえてきました。

 

こういったことは明らかなプルーフだと思い込んで嫁さんに質疑したら、密会を告白しました。

 

それなのに、いざ間男へ慰謝料接収をしようとすると、ひょいと態度を変えてきたので。

 

モーテルに単独で宿泊し、誰かとペアではないと。

 

そんな言い訳は幼稚な嘘だと思いましたが、弁護士先生にコンサルテーションしてもらってみても、結局不倫の現場を動画撮影など証拠に保存しておかないと、訴訟面で確然たる浮気の裏付けと決めつけられないという認識。

 

港区での浮気調査

 

嫁が車の助手席で男とキッスしていたのに・・・。

 

嫁はんの帰宅時間が深夜になったので、職場に赴いてみたところ、もうクローズしていました。

 

駐車スペースにママの乗用車があり、まさか誰かと口づけをしているではありませんか。

 

それを目撃して絶入しそうになってしまいました。

 

立腹のあまり、扉を開けて声を張り上げて叱責して、間男のIDを提示させ、慰謝料求めを行いました。

 

しかしながら、しばらくして相手のロイヤーから通知が来て、私がしたことは脅迫罪に当たるから、警察署に被害届を申し立てると言われました。

 

さらには、車内でチューしていただけだと不貞行為に相当しないので、姦淫の慰謝料を納める責務は無いというのです。

 

こちらは非情に昏迷してしまいました。

 

妻が姦夫とキッスしている現場を目撃したにもかかわらず、不倫に当てはまらないなんてアホなこと言うなと思いました。

 

結末としては、示談になったのですが、こちらとしては遺憾な感じです。

浮気調査港区記事一覧

妻が会社の部長と浮気しているのか港区で調査。たとえワイフの情事が黒だったとしても、自分で仕返しするのは止めてください!。なぜかというと、自分自身で制裁を与えると、自分の立場が都合悪くなってしまうからです。相手に責めがあるからと言って、奥さんに声を張り上げて叱りつけてしまったら、DV(ドメスティックバイオレンス)を評定されて離婚裁判に訴えられたときに並々ならず自分の立場が弱くなります。猛烈な声振りで...