妻 不倫 制裁

妻の不倫に制裁する手段

妻が上司と不倫旅行に行ったので制裁して慰謝料請求。確定的な根拠確保することができるまでは、密通を感知しているということを言わない方がいい。上さんは密会をしているのかもしれないと疑わしく思ったとき、ふつうは嫁はんが持っているLINEを検査して、浮気相手と卑猥なLINEのやり取りを行っているか、家を空けるタイムテーブルがメモされていないか調べると思います。

 

または、嫁のかばんにGPSを付けたりして、振る舞いをモニターするようなこともされると思います。

 

でも、それだけでは訴訟面で確定的な不倫の裏付けではないということを認識していますか?。

 

男性にとっては、奥さんが男と不貞なLINEをしていて、一緒に寝たいとか囁き合っていたら、そういった類のことは不義と見なしたくなりますよね?。

 

また、ママの密通が気になるのでGPSで行く先を追跡している真っただ中で現在所在地がホテルだったら、立腹してしまいますよね。

 

それでも、裁判では不貞行為をしていなければ、情事だと評決されません。

 

密夫と嫁が体の交わりをしていた時に、司法的な観点から姦淫と査定されます。

 

反対に、家内が奸夫とセックスしていないのに、姦淫だと怒って詰問すると、己の立場が悪化してしまいかねない。

 

妻の不倫に制裁して失敗した体験談

 

プルーフが手薄なまま、嫁さんの不貞を責めて失敗したケース紹介。

 

音声録音機へ録音した姦夫と妻の情事を重ねる会話。

 

嫁はんの言動が疑わし気になり、音声録音機を車に入れたりしておきました。

 

帰ってきてチェックしてみる、密夫と性愛しているとしか思えない情事を重ねる声が確認できました。

 

こういったことは明白なエビデンスだと思って妻をしているのかもしれない問い詰めると、密会を自供しました。

 

しかしながら、いざ浮気相手に慰謝料接収をしようとすると、ふっと見解を変化させたのです。

 

ホテルへ一人で休憩に入り、誰かと二人ではないと。

 

そのような言い逃れはまかり通るはずがないと感じましたが、弁護士先生に相談に行ってみても、やっぱしラブホに出入りする所を激写するなど資料として保存しておかないと、訴訟面で確定的な浮気のプルーフと判断されないとの回答。

 

嫁さんが車の助手席で密夫と唇で愛撫していたのに・・・。

 

妻の帰宅時間が真夜中になったので、勤務先に迎えに行ってみたところ、案の定閉まっていました。

 

パーキングエリアに嫁はんの軽自動車があり、あろうことか姦夫とキッスをしていました。

 

それを見て昏倒しそうになってしまいました。

 

立腹のあまり、サイドドアを開いて慟哭して怒鳴り散らして、姦夫の名刺をIDカードを提示させ、慰謝料求めをやりました。

 

だけれど、何日かすると奸夫のロイヤーから連絡が来て、あなたがした言動は脅迫罪になりかねないので、ポリスに被害届を送付すると伝えられてしまいました。

 

さらには、車内で接吻していた行為だけだと不倫行為に当てはまらないので、姦淫の慰謝料を支出する責めは無いというのです。

 

こちらとしては尋常ではなく混濁してしまいました。

 

奥さんが誰かと接吻しているのに、不倫に相当しないなんてバカにするなという心情でした。

 

挙句の果て、示談でしたが、私としては悔しい気持ちです。