妻 浮気

妻の浮気に制裁する方法まとめ

妻の浮気に念書だけで制裁できない場合の復讐方法。ワイフのスタンスが表立って冷淡になってしまって、ペアの仲が低下してきたと勘づき始めていたら、始終携帯電話を操作するようになり、皿洗いや食事作りをほとんどすることがなくなってしまって、深夜残業することが連続的になった際。

 

上さんの不貞が疑わしい時の処理テクニック。

 

嫁はんの不倫が発覚した際はなんとも呆然とした状態ですよね。

 

夫婦のスキンシップが忌み嫌われるようになり、談笑が少なくなった。

 

旦那との情交はまったくすることがなくなったにもかかわらず、派手なパンツが多くなってきて、セクシーなパフュームをつけて色っぽい洋服で、朝方まで馴染みの友と遊ぶことがいっぱいになってきたとき。

 

ハズバンドとしては、明白に不倫をしているようにしか感じないのだけれど、裏書きが無いにもかかわらず詰問しても関係が悪化する。

 

だからといって、こんな状態のままほっかぶりしていると自分が狂ってしまいそうだ。

 

その上、子供へもわるい影響。

 

妻の浮気に対する制裁方法

 

嫁の不貞が疑わしい折りは、法的に有効な確たる証拠握りしめる。

 

確定的な明確な証拠勝ち取ることができるまでは、密会を見抜いているということを暴露しない方がいい。

 

嫁が密通をしているのではないかといぶかしく感じたとき、まずは嫁が使っているLINEをチェックして、奸夫と如何わしいメッセージのやり取りをしていないか、トラベルの予定表が記されているか確認しますよね。

 

あるいは、家内の鞄にGPSを入れておいたりして、振る舞いを警戒するようなこともしますよね。

 

しかし、それだけでは賠償面で法的に認められる浮気の証左になり得ないことを分かっていますか?。

 

自分にとっては、嫁が浮気相手と淫らなメールをしていて、チューしたいとか言っていたら、そういうのは不義と判断したくなりますよね?。

 

ましてや、ママの姦通が怪しいということでGPSで生活を注視しているその時間に滞在場所がモーテルで留まっていたら、憤ってしまいますよね。

 

けど、賠償面では「不貞行為」をしていなければ、姦通だと見なされません。

 

奸夫と奥さんがセックスしていた場合に、法律的な視点から不貞と裁決されます。

 

ひっくり返して言えば、妻が密夫と性行為していないなら、不倫だと激しく問い詰めると、自分の方が弱くなってしまう。

 

妻の浮気と制裁方法の失敗例

 

明確な証拠が不十分なまま、嫁の不倫を指摘して不出来に終わった事件案内。

 

ボイスレコーダーへ採録した密夫と奥さんの喘ぎ声。

 

妻のスケジュールがいぶかしくなり、ボイスレコーダーを鞄に入れたりしておきました。

 

後になって確認してみると、浮気相手と性の営みをしているようね情事を重ねる声が聞こえました。

 

これはもう明らかな根拠だと決めつけて嫁をしているのかもしれない尋問してみると、不義を自白しました。

 

だが、いざ浮気相手へ慰謝料要償をしようとしたら、ふっと言葉を変えてしまったのです。

 

泊る施設には自分だけで行って、浮気相手と一緒ではないと。

 

そんなのは馬鹿げていると思いましたが、弁護士事務所に仰いでみても、やっぱり二人でラブホに泊る現場をカメラで撮影するなど記録に取っておかないと、裁判で明らかな浮気の証拠と見なされないとの返事。